BLOGブログ

2022.10.07

建築費用の落とし穴

こんにちは! 営業の岸上です!

今回は後悔しない資金計画
~建築費用の落とし穴~をお届けします!

建築費用の落とし穴

建物費用+土地費用=建築費用 ではない⁉

建築費用を考える時に、
建物の金額と土地の金額を足したもので、
計画を立ててしまう方が多くいます。

実は建築費用には別途諸費用・諸経費
と呼ばれる費用が掛かってくることをご存知でしょうか?

諸費用・諸経費とは、
「家に住めるようにするための経費」と
考えるとわかりやすいですね。

諸経費で代表的な例は下記です。

【登記費用】

建てた家、土地が自身の所有物であることを証明する費用。
登記が出来ていないと住宅ローンの設定ができません。

【住宅ローン諸費用】

住宅ローンを借りるために掛かる費用。
住宅ローン手数料や保険料、
つなぎ融資手数料などが掛かります。

【上下水道、ガス引き込み費用】

購入した宅地内に水道管を引き込んだり、
ガス管を引き込むための費用。
引き込みがなければ、
もちろん、水道もガスも使えません。

【残土処分費用】

建築をする際に基礎が埋まる分の土を処分する費用。
残土処分には厳格な決まりがあり、
違反した場合には不法投棄で処分されることも。

【火災保険費用】

住宅ローン借入れ時に基本的にセットで付帯させないといけない保険。
万が一の火災、地震などでの被害額は甚大なため、
保険加入はほぼマストです。

【その他】

その他には入居段階でのエアコン設置や、
インターネット環境の整備、引っ越し費用など、
さまざまな費用が掛かります。

いかがでしたか?
資金計画は後々、後悔しないように
しっかりと押さえることがとても大事です。

お問い合わせご相談・ご質問等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。