BLOGブログ

2023.02.11

お鍋

こんにちは!営業の長田です。

本日はお鍋についてご紹介します。

鍋といっても素材・形などいろいろありますが、今回はステンレス鍋(多層構造)・鋳物ホーロー鍋

についてです。

<ステンレス多層構造鍋>

熱伝導の良いアルミニウム、炭素鋼、銅などをステンレスでサンド。3層、5層、7層と、

層が多いほど重くて高価になります。少ない油で揚げ物ができ、煮込み料理は短時間でおいしく作れます。

気密性が高いため、火を止めて温度が下がると蓋があかなくなることがありますが、慌てず温めると開きますので

ご安心を。以前開かないのでハンマーで叩いた方がいらっしゃいましたが・・・

ザビにくく、焦がしてしまっても多層構造のお鍋は汚れ落ちがとてもいいです。もしも焦がしてしまったときは、

重曹を大さじ1杯入れて10分位沸騰させたら火からおろし放置。ゆっくり熱を冷ましスポンジなどで軽くこすり

落としてください。

<鋳物ホーロー鍋>

鋳物ホーロー鍋とは鉄と炭素の合金である鋳物にホーロー加工(ガラス吹付塗装)を施してある鍋のこと。

酸やアルカリにも強いのが特徴です。遠赤外線効果があり、ゆっくりと長時間煮込む料理には最適です。

食材本来の味を最大限に引き出してくれます。

ごはんを焚いてもふっくらおいしいですよ。

ホーロー加工部分はサビに強いのですが、縁など加工がされていないところはサビるのでご注意ください。

こすればサビは落ち、食用油を塗っておくと防げます。

焦がしてしまったときはステンレス同様、重曹で。ただしホーローは急激な温度変化に弱いため気を付けて

ください。

最近はIHヒーターがかなり普及しておりどちらもIHで使用できますが、IHは火力が強いので中火スタートを

おすすめします。強火で使うと底が変形する原因となります。

ガス火の方は鍋底から火が出ない程度でお使いください。


お問い合わせご相談・ご質問等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。