BLOGブログ

2022.09.03

コンセント

 

こんにちは、電気部の河野です。

今回は、電気についてお話ししようと思います。

家庭内にコンセントがたくさんあると思いますが、何気なく使っているコンセント、

よく見ると右側と左側の長さが違うのご存じですか。

コンセントに向かって右側の差し込み口が7ミリ・左側が9ミリで大きさが異なります。

右をホット、左をコールドと言い、ホットには「電流を送り込む」役割があり、

コールドには「電流を帰す・逃がす」役割があります。

ホット側(右側)は、プラス(+)側とも言い、大地の電圧差が100Vある為、

感電する恐れがあります。逆にコールド側(左側)は、マイナス(―)側は大地に

つながっている為、触っても感電することはありません。地面につながって、

余分な電圧を外部に逃がす役割をもっています。

その為、壁に取付けているコンセントは、基本、きちんと電気の資格を持った人

(前述の決まり事を理解できている)が施工しなければならないようになっています。

ちなみにテーブルタップ、延長コードなどは、コンセントの穴の長さは同じです。

なぜなら、プラグをコンセントに挿すとき、右でも左でも挿すことが出来る為、

ホット(+)コールド(-)の区別ができなくなるからです。

今一度、確認してみてください。

 

お問い合わせご相談・ご質問等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。