当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

eco build logo

QUALITY

住品質

呼吸する躯体/全館空調システム

高い断熱性能と気密性能により、建物の上下階の温度差がなくなります。通常の家は天井が温かく床が冷たいとか2階は温かいとか言われますが、エコビルドの家はそこが大きく違います。高気密高断熱住宅を作るうえで重要なことは確認作業です。エコビルドでは工事中と完成時に2度の気密測定を実施し、C値0.2~0.5㎝/㎡の性能を有すことを確認し表示しています。次にこの躯体性能を生かすため、空調システムは全館冷暖房のMaHAt(マッハ) systemとパッシブエアコンをご用意しました。

快適を追及してたどり着いた「呼吸する躯体」

高気密・高断熱住宅 ~性能(機密・断熱)にとことんこだわっています~

高気密住宅とは

「C値」で表されます。住宅の気密性能をあらわす指標のことで、ゼロに近いほどすき間が少なく、気密性能が高いと言えます。
住宅の隙間を減らすことで熱損失を少なくするので、冷暖房用エネルギーの消費の低減ができます。
また、計画的な換気をコントロールしたり結露を解消するなど、生活環境の快適性を高めた住宅です。

  • 1

    住宅のすき間を減らすことで熱損失が少なくなり冷暖房効率が向上し、エネルギー消費を低減できます。

  • 2

    ちょうどよい量の新鮮な空気を必要なところに届けることができます。

  • 3

    結露を解消するなど、生活環境の快適性と耐久性を高めた住宅です。

高気密性能は値で確認!

「C値」(隙間相当面積)は気密性能を表す値で、ゼロに近いほどすき間が少なく気密性能が高いと言えます。1.0以下が必須

ワンポイントアドバイス

施工中の「気密測定」の実施を必ず約束してから契約すること

高断熱住宅とは

「Q値」もしくは「UA値」で表されます。住まいの断熱性能を示す目安で、熱の逃げにくさを表しています。
住宅の外部と接する部分から熱が伝わらないように、室内と室外をエネルギー的にはっきり区切ることを「断熱」といいます。
断熱工事によって、熱エネルギーの行き来が少なくなった状態が「高断熱」です。
冷暖房効果が高いので、省エネルギー性能が高く、環境への負荷も少ない住宅といわれています。

  • 1

    住宅の外部と接する部分(外壁・屋根・窓など)から熱が伝わらない様に室内と室外をエネルギー的に区切ることを「断熱」と言います。

  • 2

    断熱工事によって熱エネルギーの行き来が少なくなった状態が「高断熱」です。

  • 3

    冷暖房効果が高いので、省エネルギー性能が高く環境への負荷も少ない住宅と言われています。

高断熱性能はQ値、UA値で確認!

「Q値」(熱損失係数)や「UA値」(外皮平均熱貫流率)は住まいの保温性能を示す目安、熱の逃げにくさを表しています。

ワンポイントアドバイス

必ずその住宅会社の標準Q値またはUAを確認すること
(旧Ⅳ地域Q値2.7以下、5-6-7地域UA値0.87以下)。
断熱材の種類も必ず確認すること。

高断熱の指標
熱損失係数

Q

外皮平均
熱還流率

UA

Q 値・UA 値は、住宅の断熱性能を表す指標で、小さいほど優れています。次世代省エネ基準をクリアする一般基準は地域によりますが、一般的なIII 地域・IV 地域(東北の一部~九州の一部まで)では下記の通りです。

高気密の指標
相当隙間面積

C

住宅の気密性能は、床面積1㎡ あたりの隙間面積で示され、数値が小さいほど気密性能が高いことを指します。日本の一般レベルは5.0(cm2/m2)です。

高気密・高断熱住宅を石油由来でつくるか?
それとも、自然素材でつくるか?

一般的な高気密・高断熱住宅は気密を確保するためにポリフィルムで家を囲います。
エコビルドでは新聞紙をリサイクルして作られる自然素材断熱材デコスドライ工法で壁面と屋根面を囲います。
透湿面材の高い施工精度とぎっしり施工されたデコスファイバーにより
ポリフイルムで囲わずとも高い気密性能を持ち、且つ部屋の湿気を外部に排出する機能をもっています。
これを「呼吸する躯体」と呼んでいます。

爽やかさを実現しました

デコスでは、九州大学(人間環境学研究院長尾崎明仁教授)と㈱長府製作所、
㈱安成工務店と調湿・除湿に関する共同研究を継続して行っています。

身体や環境にやさしい断熱材「デコスファイバー」

エコビルドが誇る高性能な標準仕様が 「デコスファイバー」によるデコスドライ工法です。デコスファイバーとは、新聞紙をリサイクルし繊維状に加工した断熱材。天然の木質繊維なので、内部に空気層が生まれ、1本1本の繊維の中にも自然の空気胞が存在。この空気の存在がより一層熱や音を伝えにくくし、木質繊維特有の吸放湿性で適度な湿度を保つことができるのです。

■デコスファイバー4つのメリット

国際的に認められた安全性

ホルムアルデヒド・VOCの放散試験で無垢の木材と同様の、F☆☆☆☆以上の安全性。

カビを抑制して安心

木質繊維の持つ吸放湿性と防カビ処理により、カビの発生を抑止します。湿度の高い季節にも安心です。

万一の火災にも安心

難燃処理により、万が一、火災にあっても延焼しにくく、有毒ガスなどの発生もありません。

はっ水効果で水を弾き安心

断熱材にとって大敵である「水」を染み込ませない、はっ水処理により、家の寿命を延ばします。

優れた品質を最大限に引き出す「デコスドライ工法」

デコスドライ工法とは

デコスドライ工法とは、断熱欠損の生じない乾式吹込み工法

効果的な断熱施工を行うためには、断熱材の素材が本来持つ性能を十分に生かす施工方法が必要です。デコスドライ工法は、柱などに通気性のあるポリエステル不織布を緩みなく張り、セルロースファイバー断熱材「デコスファイバー」をブロワの空気と一緒に壁体内へ吹込む乾式工法。綿状のセルロースファイバー断熱材を吹込むことによって、手の届かない隅部の充填も可能。また、水や接着剤などは一切使用せず、施工密度を高めることで沈降を防ぎます。これらにより、断熱欠損の隙間から生じる熱損失や結露被害を防ぎ、セルロースファイバーの持つ断熱性能を最大限に発揮します。

高品質の断熱材×断熱欠損を生じない乾式吹込み工法×

責任施工で効果を最大限に引き出す

高品質の断熱材×断熱欠損を生じない乾式吹込み工法×責任施工で効果を最大限に引き出す

JIS認証品である綿状のセルロースファイバー断熱材「デコスファイバー」を、断熱欠損を生じない乾式吹込み工法「デコスドライ工法」で施工します。その断熱施工は、デコスドライ工法施工代理店の認定資格を持った断熱施工技術者が責任施工で担います。これら一連の仕組みによりはじめて確実にデコスファイバーは施工され、設計性能通りに熱損失を防ぎ、抜群の断熱性・調湿性・吸音性を最大限に引き出すことが出来るのです。

  • 冬暖かく夏涼しい

    デコスドライ工法で隙間なくデコスファイバーを吹込むことで、夏は外部からの熱の侵入を抑え、冬は室内の熱を逃がしません。家の中の温度差も少なく、快適さと省エネを両立することはもちろん、空間ごとの温度差によるヒートショックを抑えることも可能です。

  • 結露を防ぐ調湿性

    木質繊維のデコスファイバーは住宅内で生きています。周囲の状況に応じた吸放湿性が適度な湿度をもたらし、結露を防ぎます。湿気やシックハウス対策に効果を発揮し、さらに建物の寿命を延ばすことにもつながります。

  • 騒音を抑える吸音性

    吸音材としても優れた性能を持つデコスファイバーを隙間なく施工。日常生活の音、屋外からの騒音、室内から屋外へ逃げるプライベート音を和らげます。効果的な防音対策として、ピアノ教室などでも高評価。また、ホームシアターやパーティーなどにも安心です。

安心と心地よさ そして、高い満足度

長く健康に暮らしたい
だから、よい断熱材を選ぶ

90%の医師が薦めたいと回答 医師が推奨するデコスドライ工法

高気密・高断熱住宅では全館冷暖房が可能になります

高気密住宅の特徴は、上下や部屋間の温度差が少なくなることです。また、高断熱住宅では少ないエネルギーで快適な室温を作り出すことができます。
そのため、家の中のどこに行っても寒くない、また暑くない全館冷暖房が可能になります。デコスでは、2つの全館冷暖房システムをお勧めしています。

マッハシステム(オプション)

マッハシステムは小屋裏か2階に通常の家庭用エアコンを設置した「空調室」を設けます。
そこから各部屋にダクトを配管し、一定温度の空気を送り、全室快適な温熱環境をつくるシステムです。

一年中きれいな空気の中で暮らす

マッハシステムの仕組み

  • 空調室

    小屋裏などに設けられた空調室で、各部屋から戻ってきた空気に、外からの新鮮な空気をミキシングします。その空気は空調室に入る前にフィルターで浄化されます。また、外気については熱交換器を通すため温度と湿度もある程度調整されています。

    エアコン

    空調室には家庭用のエアコンが備え付けられています(40坪の延べ床面積の建物に12畳用エアコンが標準)。フィルターで浄化された空気は、エアコンで温度と湿度を調整します。季節などによっては加湿器やアロマ加湿器を置いてもいいでしょう。つまり、この部屋できれいで心地いい空気をつくるわけです。※住宅の条件などによってエアコンの大きさは変化します。

  • 給気グリル

    新鮮な外気は、PM2.5(97%)まで除去するフィルターを通して❶の空調室に導入され、室内の循環空気と混合、エアコンで調湿された後、各部屋に換気グリルから給気されます。

  • 排気グリル

    新鮮な外気で希釈され、室内を循環した空気は、最後トイレや納戸から室外に排出されます。

  • コントロール

    給気は、各部屋に取り付けられたコントローラーで調整することができます。

  • 吹き床

    天井

    床下も天井裏にも空調室から調湿された新鮮な空気が吹き込まれています。夏は屋根裏が涼しく、冬は床が暖かく感じられることになります。建物が床下から天井裏まで温度と湿度を快適にコントロールされ、耐久性が向上します。

パッシブエアコン

パッシブエアコンは、天井埋め込み型の1台のエアコンを最上階の天井に埋め込み設置し、
そこから出る冬の温風はダクトを通じ床下に送風、夏の冷風は最上階の天井2か所から室内に送風するエアコンシステムです。

冬は足元から家中ぽかぽかヒートショックの心配も無用!

パッシブエアコンによる暖房の特徴は、暖かい空気が足元から全館へ流れること。
屋内全体がムラなく温められるので、足元が冷えてしまうこともなく、部屋ごとの温度差によるヒートショックの心配もありません。

床に設けられた吹き出し口から暖かい空気が室内に放出されます。

夏はサラリとした涼風で高原のような心地よさを実現

局所的な冷房でなく、冷たい空気を頭上から屋内へ均一に送ることで、最適な温熱環境を実現します。

冷暖房時の空気が家全体にやわらかく広がるため、小さいお子さんにも安心です。

夏は天井に設けられた吹き出し口から冷気が放出されます。

住まいの温熱環境を科学すると、パッシブエアコンの心地よさが解ります。

快適さは床や壁の表面温度で決まります

そもそも心地よさや快適さはどうやって得られるのでしょうか。一般的な快適さの指標として室温に注目しがちですが、私たちは床や壁の表面温度による体感を重視しています。気流感や温度ムラを感じさせない放射環境が心地よさをもたらすからです。

CFD解析によるPassivAirconと壁掛けエアコンの温まり方の違い

精緻な気流や熱移動のシミュレーションをコンピューター上で行うCFD(Computational Fluid Dynamics)で、ダクトで床下から室内に暖気を送るPassivAirconと壁掛けエアコンそれぞれの場合で、熱量投入時における部屋中央付近の断面温度分析の解析を行いました。温度を色で気流の強さを矢印で表しています。

  • PassivAirconの場合
    室内の温度ムラが少なく、床表面の温度が高い。
    また、不快な風となる気流もほぼ生じない。

  • 壁掛けエアコンの場合
    エアコンの温風のあたる箇所、
    あたらない箇所の温度のムラが大きく、気流感も強い。

全棟、構造計算を実施します。

ワンポイントアドバイス

木造住宅の場合、一般的には構造計算をせずにあらかじめ決められた構造上の仕様に基づいて、
架構を決めることで構造上安定と認められる簡易な方法を選択しています。
エコビルドでは一棟一棟すべての建物について構造計算を行っています。これも大きな特徴です。

エコビルドの安心の保証とメンテナンス

エコビルドの住宅は5つの第三者機関による厳密な検査、各種保証を受けています。お客様の暮らしを守ると共に、社会に貢献できる企業を目指します。

▼画像をクリックで詳細を表示します。

  • 家価値60年サポート
    家価値60年サポートは、新築時に住宅を提供してから60年間、お客様の安心した住生活をサポートするためのアフターサポートの仕組みです。定期点検や住宅履歴管理・お客様の住まいの相談窓口など、おうちの管理をサポートします。
  • 長期優良住宅
    長期優良住宅とは、良好な状態で長期間居住できるように設計・施工された住宅をいいます。その条件は「長期優良住宅の普及の促進に関する法律(長期優良住宅法)」で定められており、大きく分けると構造・設備、環境への配慮、面積、維持・管理の容易さの4点となっています。
  • 瑕疵保険
    瑕疵(かし)とは、「欠陥」を意味します。この法律で言う瑕疵は、構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分の欠陥を指しています。引き渡し後10年以内に瑕疵があった場合、補修を行った事業者に保険金が支払われる制度です。
  • シロアリ防除施工保証
    おうちの大敵であるシロアリから守るために行います。シロアリの被害と腐朽を予防する事を目的としています。
  • 完成保証サービス
    注文住宅建築中に、建築会社が倒産した場合に円滑に工事が再開される為の保証です。主な内容は既に支払ったお金の保証、引継ぐ建築会社の紹介、追加の費用のお支払いです。

第23回 後悔しないための賢い家づくり勉強会 開催

開催日:2020年7月19日(日)

2018年度に全国で10,000組超のご家族様が参加され、アンケートでは100%の方が満足したとご回答いただいている勉強会です。 「まだまだ」の人も、「そろそろ」の人もこの機会にご参加ください。 ※完全予約定員制です。

詳しくはこちら